« 高校で先生をしてきました | トップページ | 詩と音楽のための雑誌 『洪水』に絵本『きこえる?』の書評が掲載されました »

2012年5月30日 (水)

書いた詩が5回目の活字になりました

20120530 『詩と思想』2012年6月号の92p(土曜美術社出版販売)に、私が書いた詩が掲載されました。

 これも、2009年・2010年・2011年の『詩と思想』掲載時と同様、投稿が採用されたというのではなくて、年間購読を申し込んだら編集部から依頼が来たから書いたのでした(笑)。やはり、添削等一切なし、書いたままです。

 活字第1作「居待月」、第2作「九夜月」、第3作「晦日月」、第4作「弓張月」に続いて、なんか、タイトルに「月」をつけないと書けないみたいですが、タイトルは書いてからつけてます(笑)。つーか、シリーズものなの、これ? さあ。テイストは、前4作ともまた違うつもりです。

 というより、福島第一原発爆発事故による被曝者として書きました。野村尚志氏に読んでもらったら、「体制を風刺した「二条河原の落書」のような感じですね。」との感想をいただきました(笑)。

 ご興味ある方は以下のURLでPDFファイルをダウンロードして読んでください。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/sansaigatu.pdf

|

« 高校で先生をしてきました | トップページ | 詩と音楽のための雑誌 『洪水』に絵本『きこえる?』の書評が掲載されました »

」カテゴリの記事