ミッション経営

2016年12月21日 (水)

福島民報にインタビューが掲載されました

20161213
 福島県で一番発行部数の多い新聞「福島民報」の取材を受け、「ふくしま経済」欄の「ふくしまをつくる トップインタビュー」というコーナーに、写真入りで掲載されました。

 カラー写真なんですが、あんまりきれいに写っていません(笑)。機嫌が悪かったわけではないのですが、疲れているんだろうなあ、と自分で思う感じの表情ですね。

2016年12月13日
ふくしまをつくる トップインタビュー「品質向上は職場から」
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20161213.pdf

|

2016年11月17日 (木)

『電材流通新聞』に原稿を書きました・其ノ拾

20161110 11月11日は「配線器具の日」。平成11年(1999年)に日本配線器具工業会(当時/現在は一般社団法人日本配線システム工業会)がそう定めました。2016年11月、一番発行部数の多い業界紙『電材流通新聞』の「配線器具の日」特集のために、工業会メンバー各社の代表が原稿を寄せました。

 弊社では、私がその任に着き、2009年2010年2012年2014年2015年に引き続き、福島の社長室で最近考えていることを書きました。

 よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。宇宙人のように見える写真も載っています(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20161110.pdf

|

2016年10月25日 (火)

『繁栄』にインタビューが掲載されました

201611
 三井生命保険株式会社企画部広報グループ発行の広報誌(でいいのかな?)『繁栄』2016年11月号/VOL.438(2016年10月20日発行)のコーナー「TOP INTERVIEW 生き残る経営 ~この時代を生き未来につなげるために~」に、「存在意義を全うするための老舗企業の挑戦」と題して3ページにわたるインタビューが掲載されました。また、同誌の表紙にも登場しています(笑)。表紙も本文もカラーです(笑)。

 三井生命と取引のある会社宛に配布されていると思われますので、一般の入手は難しいでしょう。というわけで例によって(笑)、PDFにしましたので、ご興味ある方は下記URLをクリックしてお読みくださいませ。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/201611.PDF

 なお、このインタビューは、2016年7月26日に、株式会社アウルのプロデューサーの東谷純子氏によって、2時間にわたり、東京都千代田区神田神保町の明工ビル会議室で行われました。

|

2015年11月26日 (木)

『電材流通新聞』に原稿を書きました・其ノ玖

20151119


 11月11日は「配線器具の日」。平成11年(1999年)に日本配線器具工業会(当時/現在は一般社団法人日本配線システム工業会)がそう定めました。2015年11月、一番発行部数の多い業界紙『電材流通新聞』の「配線器具の日」特集のために、工業会メンバー各社の代表が原稿を寄せました。

 弊社では、私がその任に着き、2009年2010年2012年2014年に引き続き、福島の社長室で最近考えていることを書きました。

 よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。宇宙人のように見える写真も載っています(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20151119.pdf

|

2015年11月12日 (木)

福島明工社製品が再び「須賀川市工業製品」に認定されました

20151024
 福島明工社製の明工社ブランド製品「病院用タップシリーズ」が、2015年10月24日、福島明工社の地元福島県須賀川市による2015年の「須賀川市工業製品認定制度」で4社5製品の中に選ばれました。

 2010年にこの制度が始まったとき、認定を受けてから丸5年。感慨深いものがあります。
 http://tatsutoshi.cocolog-nifty.com/cocolog/2010/12/post-803e.html

 また、認定証交付に伴い、市のWEBサイトはもちろん、地元メディアでも記事にしていただきました。以下に一挙大公開します。とくとご覧あれ。

福島明工社製「病院用タップシリーズ」
http://www.meiko-g.co.jp/product/hospital/iyo-tap.html

須賀川市工業製品認定制度
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/3680.htm

平成27年度須賀川市認定工業製品
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20151024a.pdf

「あぶくま時報」記事
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20150904.pdf

須賀川市工業製品認定証
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20151024b.pdf

須賀川市工業製品認定一覧
http://www.city.sukagawa.fukushima.jp/8227.htm
福島民報記事
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20151025.pdf

|

2015年1月 7日 (水)

『電材流通新聞』に原稿を書きました・其ノ㭭

20150105


 2015年正月、一番発行部数の多い業界紙『電材流通新聞』の「年頭所感」として、業界トップが挨拶文を寄せた中、弊社では、私がその任に着き、被災者で被曝者だけど、福島明工社も新工場が落成して一段落ついたし、今年の2月で福島での社長業8年目だから、過去を担いで先を読むぞ、という覚悟をこめて、文章を書きました。
 よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。写真も載っていますがなんか変(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20150105.pdf

|

2014年11月26日 (水)

『電材流通新聞』に原稿を書きました・其ノ漆

20141111


 11月11日は「配線器具の日」。平成11年(1999年)に日本配線器具工業会(当時/現在は一般社団法人日本配線システム工業会)がそう定めました。2014年11月、一番発行部数の多い業界紙『電材流通新聞』の「配線器具の日」特集のために、工業会メンバー各社の代表が原稿を寄せました。

 弊社では、私がその任に着き、2009年2010年2012年に引き続き、現在福島で行っている教育を中心にした弊社の姿勢をうったえる文章を書きました。

 ただね、私の肩書き、思い切りまちがわれてしまって(笑)。次の号で訂正文が掲載されましたが、いやはや。

 よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。宇宙人のように見える写真も載っています(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20141111.pdf

20140522_2

 なお、上記原稿に書いたとおり、株式会社福島明工社は、2012年12月にふくしま産業復興企業立地補助金の対象として認められたので、総工費+新しい機械購入に約6億円をかけ、新しく金型・成形工場を建設することにしました。翌2013年3月より設計に入り、9月に地鎮祭、そして2014年2月に上棟式、5月に竣工祭を行い、夏から操業しています。そう、社長の私としては、この間、無事故で全てが済むようにと祈ることが仕事でした。

 竣工祭の様子が掲載された新聞記事を下記URLでお読みいただけますので、よろしかったらどうぞ。私のスピーチが全文掲載されています。ただし、記者によるテープ起こしで、私は校正していませんから、ちょっと意味が通じないところもあります(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20140512.pdf
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20140522.pdf


|

2014年1月 8日 (水)

『電材流通新聞』に原稿を書きました・其ノ陸

20140105a


 2014年正月、一番発行部数の多い業界紙『電材流通新聞』の「年頭所感」として、業界トップが挨拶文を寄せた中、弊社では、私がその任に着き、被災者で被曝者だけど、今年の誕生日で知命だし、福島明工社も7月で創業45周年だから、ちゃんとやるよんという覚悟をこめて、文章を書きました。
 よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。写真も載っていますが誰だかわかりません(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20140105.pdf

|

2013年6月18日 (火)

『プレス技術』にインタビューが掲載されました

056415e50d96b33bf87f4f70b5938c89 2013年6月8日発売の日刊工業新聞刊『プレス技術』7月号の、コマツ産機株式会社が毎号持っている企業インタビューページ「コマツ コミュニケーション リポート」Vol.149に我が福島明工社が選ばれ、インタビューを受けました。

 「モノづくりにおける品質は社員の技術と気持ちに比例する。」と題した4ページ。現在の福島明工社の状況がひとつかみにわかる好レポートです。

 該当部分を抜き出しましたので、よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/VOL149.pdf

※ちなみに、このインタビューは2回目です。1回目は私がまだ社長になる前、副社長として毎週日帰りで福島に来ていた2006年に行われました。2007年に社長に就任してから会社はどうなっていったのか、その前段階で何を考えていたのかがわかる貴重な(?)記録です。こちらも該当部分を抜き出しましたので、よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/VOL77.pdf

|

2012年11月14日 (水)

『電材流通新聞』に原稿を書きました・其ノ伍

20121111

 11月11日は「配線器具の日」。平成11年(1999年)に日本配線器具工業会(当時/現在は一般社団法人日本配線システム工業会)がそう定めました。2012年11月、一番発行部数の多い業界紙『電材流通新聞』の「配線器具の日」特集のために、工業会メンバー各社の代表が原稿を寄せました。

 弊社では、私がその任に着き、2009年2010年に引き続き、現在福島で行っている教育を中心にした弊社の姿勢をうったえる文章を書きました。

 よろしかったら下記URLでPDFファイルをダウンロードして読んでみてください。けっこうまともに見える写真も載っています(笑)。
http://tatsutoshi.my.coocan.jp/20121108.pdf

|